イトウ住建のエクステリア施工実績

松本市🌞全天候型サンルーム!ウッドデッキから交換で使い勝手抜群♪

before

松本市梓川テラスルーム

after

松本市梓川テラスルーム
工事のきっかけ
【効率的な洗濯スペースが欲しい】
・奥様の日々の家事をより効率的にできるよう、奥様に休む時間を作れるようお考えでした。
施工内容
・既存ウッドデッキの解体 及び 撤去
・テラスルーム設置工事
・人工木デッキ追加工事
施工期間
3日間
使用材料
【サンルーム】
●三協アルミ 晴れもようⅢ 1500タイプ F型 H22
・2間6尺(W3600*L2040)
・熱線遮断ポリカ屋根材
・塩ビデッキ仕様

【人工木デッキ】
●三協アルミ ひとと木
・2間3尺(W3600*L1020)
工事費用
820,000円


.

 

「本日のブログのご案内」

 

こんな方にお勧めのBlog♪です


 

日頃の家事を

もっと効率的に

されたい方

 

.                                     .

.                                     .

 

忙しい奥様に

お休みできる

時間を作って

あげたい方

 

 

.                                     .

リビングなどを

より開放的に

使用されたい方

 

 

ご依頼 概要  施工日:2022/4/21 木曜日 ~ 2022/4/23 土曜日


「老朽化であまり使わなくなったデッキを撤去して作った」テラスルーム
.... . .
. 本日は松本市梓川で

テラスルームの設置に行って参りました。

 

ご依頼者様のお宅にはもともとウッドデッキが設置してあり、

そこに、 ベンチや テーブルを置いてのどかな休日を過ごされていたとご様子でした。

 

しかし、次第に使用する機会もすくなくなり、

またウッドデッキ自体も大分年季が入りささくれ、

このまま使い続けるには少し危ない様相となってきた 為、

 

今回の「ウッドデッキ解体」及び「テラスルームの新設」を

ご依頼頂く運びになりました。

 

.
.. . ..

 

奥様の日頃の家事も効率的になっちゃいます!


テラスルームは、お部屋をより効率的に使用できます。
.... . .
. ウッドデッキを解体したのちに、

新たなウッドデッキではなく、テラスルームをご選択されたのには、

 

「奥様がお洗濯物をより乾かしやすいようにしたい」

 

というご理由がございました。

 


【洗濯物をより効率的に】

テラスルームにすることで、 屋内にありながらも陽の光を存分に取り入れることが出来、

お洗濯は格段にしやすくなります。

その分取り込みも早くなり、奥様が一息つくお時間も増えたご様子です。

 

 

世の奥様方のなかには、スペースの問題で、

リビングに洗濯物を干される方もおおいのではないでしょうか?

 

そうした方であればあるほど、

このテラスルームを利用した時に

より広く、開放的なリビングをご体感いただけると思います。

 

 


【小さなお子様たちも広く遊べる♪】

また、2歳~3歳ぐらいの小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、

お孫様たちが遊びに来られるお客様にも、

 

このテラスルームは、非常に有効です。

 

 

3歳前後(もしかしたら4歳、5歳でも)のご幼児様だと、

やはり少し目を離すと思いもよらない所に行ってしまったりします。

 

高低差に関しても危機感がまだないため、

柵がないウッドデッキのような造作物ですと、落下する危険性は十分にございます。

 

その点、テラスルームは四方を窓サッシなどで区切っていますので、

いなくなったり、落下する危険性を緩和できますし、

 

開放的に外の様子もうかがえるので、

お外が好きなお子様たちの気持ちにも寄り添えるのです。

 

お子様、お孫様がペットと一緒にテラスルームで日向ぼっこされたり、

なんと使い方をされるご家庭もあるようですよ。

 

 

.
.. . ..

施工内容のご紹介


.... . .
.
.  1日目: .  既存ウッドデッキの解体 及び 撤去
.  2日目: .  サンルーム設置 ~枠、基礎、屋根~
.  3日目: .  サンルーム設置 ~床、窓~ 、濡縁ウッドデッキの設置

 1. 既存ウッドデッキの解体 及び 撤去

まずはじめに既存のウッドデッキの解体から始めます。

 

ウッドデッキの解体は、そんなに難しいことはございません。

 

躯体(家)の壁に 、釘やビス(ネジ)で 直接的に固定されているわけではなく、

地面に束石と言う土台となる石を設置し、

その上にウッドデッキを組んでいるだけなのです。

 

要するに、ウッドデッキそのものの自重で地面に立っているのですね。

 

床板部分から一枚一枚丁寧に剥がしながら、

全て木材を取り外し、施工場所を一度更地にいたします。

 


 

 2. サンルーム設置 ~枠、基礎、屋根~

2日目からはサンルームの設置です。

サンルームはウッドデッキとは異なり高さもありますため、

基本的には躯体(家)の 壁面にビスでしっかりと固定します。

 

今回も基本に倣って、壁面にテラス囲いをするための枠を取付を行いました。

補足ですが:アフターケアとして、コーキング処理をほどこし、躯体に空けた穴に水が入らない様に十分にケアいたします。

 

設置範囲には2階ベランダの底面に取り付けれられている雨樋がありましたので、

これを避け、樋の機能に影響がない様にな配慮いたしました。

 


テラス囲いの 枠が取り付けられたら、次は柱の設置です。

凍み上がりによる被害を受けないように、

しっかりと500mmほど掘削し、しっかりと転圧をいたします。

 

この掘削した穴底にテラスルームの支柱を設置するのですが、

mm単位で正確に測量を行い、微調整をして固定しなければなりません。

 

正確な位置が定まったら、支柱の周りにコンクリートを流し込む”根巻き”作業を行います。

この根巻きを行うことで、支柱の強度を出すとともに重量を加算し、

凍み上がりの予防とするのです。

 


ここまで出来たら、本日は残り”屋根部分の設置”です。

躯体のくぼみ(バルコニーの下)に取り付ける形ですので、

屋根材用は”フラット型”と呼ばれる直線状のものを設置いたします。

 

また、今回ご用意しているのは”熱線遮断ポリカネート屋根材”ですので、

陽の光を取り込みつつも紫外線を抑える製品です。

 

お洗濯を干すにはぴったりの素材ですね。

 


 

 3. サンルーム設置 ~床、窓~ 、濡縁ウッドデッキの設置

3日目、最終日です。

サンルームの残りの設置は”床”と”窓”の設置です。

 

床を設置する前に、”大引き”とよばれる部分を取り付けます。

これは、床材を敷くための骨組みで、荷重を分散させてくれます。

 

一定間隔で大引きの設置を行い、床を敷き詰めたら、

残りは窓の設置。

 

躯体(家)の壁2面を利用して取り付けますので、

ガラス冊子の設置は外側の2面のみ。

 

壁とテラスルームの間に隙間がないか、

またガラス冊子とその取付レールに傾きや隙間がないかを、

念入りにチェックしつつ取り付けたら完成です。

 


最後に、

2間3尺のウッドデッキをサンルームの窓サッシ手前に設置します。

 

濡縁の様な機能をもたせ、

テラスルームから少し外に出て腰を掛けるスペースとしてご用意いたしました。

 

設置の仕方は、『施工内容のご紹介』の初めに軽く触れましたが、

基礎となる束石の上に自重で立たせる、といったものになります。

.  1. . 束石を適所に設置。その際それぞれの束石の高さが同じになるように、

レーザーを使用してmm単位で調整する。

.  2. .束石の上に、支柱をそれぞれ設置する。これも束石同様、同じ高さになるように、

切詰め加工なども行いながら微調整する。

.  3. . 大引きを設置し、各支柱と大引きを接続する。

この際も高さに気を付けながら、問題がなければ支柱と束石をビスで固定する。

.  4. . 大引きの上に床板を敷き、全体的に平行であるかを確認。

問題がなければ化粧枠を設置して完成

 

簡単にでしたが、ウッドデッキの作成工程でございました。

 

これにて、テラスルームの新設施工は完了です!

 

.
.. . ..

 

最後に


.... . .
. 今回撤去しましたウッドデッキは天然木で作られていました。

これは、環境による影響をより多く受けますし、そのケアにもとても手間暇が必要です。

 

一般的には、おおよそ10年を耐久年数と考えられているため、

ささくれだったウッドデッキも意外に色んな所で目にされるかもしれません。

 

こうした、あまり使用していない造作物があれば、

その空間を利用してより皆様の生活を潤滑にすることができるかもしれません!

 

お家のリビングなどをより快適に使えるように、

家事が円滑にすすむように、

お孫様たちが安全に遊べるように、

 

そして、奥様に一息できるお時間をプレゼントしてあげられるように、

 

皆様のご自宅で何ができるか、変えられるか、

ご一考いただくのも とても良いかもしれません。

 

.
.. .                                        . ..

 

◆イトウ住建 塩尻支店      営業時間AM9:00 ~ PM7:00

Address : 〒399-0734 長野県塩尻市大門四番町6-5
TEL : 0120-271-468
E-mail : ito-juken@email.plala.or.jp
.                                                                            .

◆イトウ住建 安曇野支店     営業時間AM9:00 ~ PM7:00

Address : 〒390-1701 長野県松本市梓川倭2395-6
TEL : 0263-88-8137
E-mail : ito-juken@email.plala.or.jp
.                                                                            .

 

エクステリア施工事例一覧に戻る