イトウ住建のエコキュート施工実績

塩尻市エコキュート交換工事|エラーコードH54給湯切換え弁の異常

before

塩尻市エコキュート交換工事 施工前

after

塩尻市エコキュート交換工事 施工後
工事のきっかけ
エラーコードH54(給湯切換え弁の異常)が出て数日後にお湯が出なくなったそうです。使用14年、交換部品も手に入らないので交換となりました
施工内容
エコキュート交換工事
施工期間
1日
保証年数
10年
使用材料
Panasonicエコキュート 370L
寒冷地仕様
HE-L37KQS
コミュニケーションリモコン
工事費用
504,000円
塩尻市エコキュート交換工事

塩尻市でエコキュートの交換工事を行いました。

エラーコードH54(給湯切換え弁の異常)がでて、数日後に完全にお湯が出なくなってしまったとのことでした。設置してから14年、旧National(現Panasonic)製で部品はもう手に入らず修理は不可能、使用年数からもう寿命と判断し今回の交換工事となりました。

その交換工事の様子をご紹介します。

松本市エコキュート交換工事 信州省エネ家電

今(2022年11月時点)長野県では信州省エネ家電購入応援キャンペーンを行っています。対象の省エネ家電を購入すると、商品に応じて電子ポイントを受け取ることができます。1P=1円で、エコキュートは80,000ポイントになります。

今回の工事はこのキャンペーンを利用しての工事となります。

塩尻市エコキュート交換工事

工事の様子です。

まずは古いエコキュートを撤去します。

エコキュートは貯湯タンクとヒートポンプからなる給湯ユニットです。ガスや灯油を使わず、電力でお湯を沸かす給湯機で、ヒートポンプで空気中の熱を利用してお湯を沸かし、貯湯タンクに貯めて浴室や台所に給湯します。料金の安い深夜電力や、太陽光パネルで発電した電力を使うので効率がいい給湯器です。

塩尻市エコキュート交換工事

貯湯タンクは370Lと460Lがあり、家族構成やライフスタイルに合わせて選択していただきます。今回はご夫婦お二人でお住まいということで370Lで十分です。

タンクは重量があるので直接地面に置くのではなく、コンクリート土間を設けて設置します。写真はタンクを取り外した後のコンクリート土間です。濡れていますが配管を外した時に配管内に残っていた水が流れたものなので問題ありません。

塩尻市エコキュート交換工事

タンクに付属している型紙で固定金具の位置を決め、コンクリートドリルで穴をあけている様子です。型紙通りに穴をあけてタンクを固定する準備をします。

塩尻市エコキュート交換工事

新しいエコキュートユニットを設置現場に搬入します。他のガスや灯油の給湯器と違って貯湯タンクもヒートポンプも重量があるので最低でも二人がかりで行います。車への積み込み、荷下ろし、搬入に少々手間がかかるのがエコキュートのウィークポイントです。車も軽トラでは足りないのでそれなりの大きさが必要です。

塩尻市エコキュート交換工事

貯湯タンクを設置して給水配管の繋ぎ込みを行います。

塩尻市は寒冷地に分類されます。エコキュート自体寒冷地仕様なのですが、配管部分の保温をしなければなりません。古い保温材を外してこちらも新しいものに交換です。

塩尻市エコキュート交換工事

奥にあるヒートポンプとの繋ぎ込みも行います。貯湯タンクとヒートポンプを取り付けるスペースが必要なのもエコキュートの弱点です。お湯を沸かすのにエネルギー量がかからない優れた給湯器ですが、大きさ、重さがあるというのが唯一の欠点です。

塩尻市エコキュート交換工事

繋ぎ込みが終わり、浴室リモコンと台所にメインリモコンを取り付けて工事終了です。

今回はエラー表示が出て数日でお湯が出なくなってしまいました。そこからお問い合わせをいただき、工事終了まで数日かかっています。その間お風呂に入れなかったり台所での洗い物を水でしなければならなかったり、ご不便な生活をされたかと思います。以上が出たら止まってしまう前に早めに一度ご相談ください。

塩尻市エコキュート交換工事

エコキュート

Panasonic 寒冷地仕様エコキュート

HE-L37KQS コミュニケーションリモコン

工期 

約1日

費用

504,000円

(信州省エネ家電購入応援キャンペーン

80,000ポイント除く)

 

 

エコキュート施工事例一覧に戻る