イトウ住建のエコキュート施工実績

長野県松本市エコキュート交換|信州省エネ家電期間延長!エラーコードE26二方弁の故障

before

松本エコキュート交換工事

after

松本エコキュート交換工事
工事のきっかけ
エラーコード(E29)がでて修理不可能だったため交換工事となりました
施工内容
エコキュート交換工事
施工期間
半日
保証年数
10年
使用材料
エコキュート
コロナCHP-37AY5K
寒冷地仕様
工事費用
503,000円

 

✉お問合せ・ご相談はこちらをclick♪

 

\\LINEからもお問合せいただけます//

友だち追加

 

工事の概要

松本市で行ったエコキュートの交換工事をご紹介します。

エコキュートは空気中の熱をヒートポンプに取り込んでお湯を沸かし、そのお湯を貯湯タンクにためて浴室やキッチンに給湯する給湯ユニットです。石油やガスの給湯器は燃焼熱を利用してお湯を沸かすのに対して、エコキュートは電気を使ってお湯を沸かすのでCO2の排出がなく環境にやさしい給湯機です。比較的料金の安い深夜電力や、太陽光パネルが乗っていればその発電電気を利用できるので、燃料費用も抑えることができます。費用が石油やガスの給湯器の倍くらいするのでそのあたりがデメリットですが、長い目で見ればランニングコストが安い給湯機です。

工事を行ったのは寒波が襲った1月末で、漏水からの凍結とエラーコードE26二方弁の異常があり、修理が不可能だったため今回の交換工事となりました。エコキュートは空気中の熱を取り込んでお湯を沸かすヒートポンプと、沸かしたお湯を貯めておく貯湯タンク、二つの機械からなるユニットで、二方弁は相互のお湯の行き来を調節するための弁です。故障の可能性が高い部品の一つで、10年以上たつと交換する部品も手に入り辛くなり、修理も難しくなります。漏水も二方弁の故障が原因と思われ、その漏れた水が寒波で凍結して周囲はびっしりと凍り付いていました。

長野県の補助金 ★信州省エネ家電購入応援キャンペーン★

信州省エネ家電

各種補助金

今エコキュート交換で長野県から補助金を受けることができます。

◆長野県の補助金 信州省エネ家電購入応援キャンペーン

今長野県ではテレビや照明器具など省エネ対応の家電を購入する際に、キャッシュレスポイントで補助金を受けることができます。エコキュートもこの省エネ家電の対象になっていて、対象のエコキュート購入、設置で40000ポイント、さらに地域協力店で購入すると2倍の80000ポイントのキャッシュレスポイントを受けることはできます。弊社イトウ住建もこの地域協力店に登録しているので、弊社でエコキュートを購入設置すれば80000ポイントをもらえます。締め切り間近でしたが、期間が再々延長されました!2024年1月31日までです!

信州省エネ家電購入応援キャンペーン 詳細はコチラ>>>

松本エコキュート交換工事

既存エコキュートの状態

貯湯タンクの足元には配管を隠す脚カバーがあるはずなのですが、設置時からなかったのか、途中で外してしまったのか、脚カバーがありませんでした。脚カバーは別売りなので設置時からなかったのかもしれません。脚カバーがないと配管が露出してしまうので、別売りにはなりますがご用意いただいたほうがいいかもしれません。特に長野県は寒冷地なので・・・

松本エコキュート交換工事
松本エコキュート交換工事

配管周りの凍結

脚カバーがなかったので配管にダメージがありました。漏水の原因の一つとも考えられます。貯湯タンクからの漏水と工事時の寒波で配管周りは凍結していてこれを溶かしたり削ったりしないと工事が進みませんでした。お湯をかけたりヒーターをたいたりして氷を溶かしてから工事を始めます。

松本エコキュート交換工事
松本エコキュート交換工事

既存ユニットの撤去

給排水の配管を外せる状態になったら解体をします。給水管、ヒートポンプと貯湯タンクの接続の配管、取水管、ドレイン排水管などを切り離してヒートポンプと貯湯タンクを動かせる状態にして、ポンプとタンクを撤去します。

松本エコキュート交換工事
松本エコキュート交換工事

タンク設置のコンクリート土間

貯湯タンクはお湯が入ると最大で500㎏近くの重さになります。タンクをそのまま地面の上に置くと重みで傾いてしまうのでコンクリート土間が必要です。ヒートポンプは50㎏程の重さなので、地面というわけにはいきませんが、課題があれば設置可能です。今回のお家はコンクリート土間が大きかったので、貯湯タンク、ヒートポンプともコンクリート土間に設置できます。

松本エコキュート交換工事

貯湯タンクの設置

タンクを梱包している段ボールは型紙の役割もあります。固定のビスを入れるビス穴をコンクリートドリルで空けます。その穴の位置を段ボールの型紙で決めます。

松本エコキュート交換工事

配管の接続

貯湯タンク、ヒートポンプの配管をそれぞれつなぎこみます。石油やガスの給湯器と違いポンプとタンクをつなぐ配管も必要なので、ヒートポンプに取水する配管、ヒートポンプと貯湯タンクをつなぐ配管、タンクからお風呂や台所をつなぐ給水管があって、少々複雑で、時間もかかります。

松本エコキュート交換工事
松本エコキュート交換工事

ドレイン排水管

ヒートポンプ、貯湯タンクともドレイン排水が出ます。まれにこのドレイン排水が地面に垂れ流しになっていることがあります。もしくは配水管がない場合もあります。ドレイン排水の処理をしないと冬場の凍結につながってしまいます。今回は排水溝にドレイン排水が言っているので問題ありませんが、もしなかったら追加工事でドレイン排水の処理設備を設ける必要があります。

松本エコキュート交換工事
松本エコキュート交換工事

配管の凍結防止

配管には凍結防止帯が入っています。夏場この凍結防止帯のコンセントを抜いてしまい、冬になってもコンセントを入れ忘れて凍結させて配管を壊してしまうというトラブルが何件もあります。凍結防止帯は温度センサーがついていて5度以下にならないと電源が入らない仕組みになっています。コンセントは抜かないようにお願いします。また凍結防止帯の保護や配管の保護、保温の意味もあって保温テープを巻きます。

松本エコキュート交換工事

交換工事終了

設置工事が終わりました。お湯を沸かしてタンクにためて、お風呂や台所のお湯が出るかどうかの試運転を行い問題がなければ工事終了です。

今、国の補助金や県の補助金を受けて工事をすることができます。最大13万円ほどの補助が受けられますので、10年から15年以上経過しているエコキュートはお得に工事ができる今、早めに交換工事を行うことをお勧めします。ご検討ください。

 

✉お問合せ・ご相談はこちらをclick♪

 

\\LINEからもお問合せいただけます//

友だち追加

 

エコキュート施工事例一覧に戻る