太陽光発電

ソーラーフロンティア

結果を出す!太陽光発電なら
ソーラーフロンティア

実発電量と価格で選ぶ!『新世代ソーラーパネル』CIS 太陽電池を採用
ポイント!! 実発電量

ソーラーフロンティアは
 実発電量が違う!!
だから、しっかり稼げる。

最も効率よく発電できる『CIS 太陽電池』とは ?

CIS とは主な 3つの成分の頭文字

CIS とは主な 3つの成分の頭文字

CIS 太陽電池は、主成分に銅 (Copper)、インジウム (Indium)、セレン (Selenium) を用いており、その頭文字をとって CIS と呼ばれています。CIS 太陽電池の特長は、薄膜系太陽電池の中で最も変換効率が高いということです。

発電性能に優れた CIS 太陽電池の実力

『年間積算発電量に 8% の差』

従来型結晶シリコン系太陽電池と CIS 太陽電池の発電量比較において、1年間トータルで CIS 太陽電池が約 8% 多く発電したというデータが得られました。

CIS 太陽電池と結晶シリコン系太陽電池の発電性能比較

発電性能比較1
発電性能比較2

[比較項目] システム発電容量 1kW あたりの実際の発電量(kWh / kWp)
[データ収集条件] 2009年9月~2010年8月 ソーラーフロンティア株式会社 屋外評価システムによる

  • 結晶シリコン系太陽電池:SJK175 (175W) 8直列×3並列 4.20kW
  • CIS 太陽電池:SC75-A (75W) 5直列×6並列 2.25kW
  • 設置場所:神奈川県厚木市(ソーラーフロンティア株式会社 厚木リサーチセンター内)
  • 設置条件:真南から東へ20度、傾斜角20度、陸屋根設置

CIS 太陽電池が結果を出す 3つのポイント

Point 1 幅広い光を吸収する

CIS 太陽電池は優れた分光感度特性を持っており、従来の結晶シリコン系太陽電池よりも、幅広い光の成分を吸収することができる特長をもっています。

【CIS 太陽電池の分光感度特性】

CIS 太陽電池の分光感度特性

Point 2 太陽光に当たるとパワーアップ

CIS 太陽電池は、太陽光に当たると出力が上がるという性質があります。暴露実験では、初期値に対して出力が 10% 向上したデータも得られています。

【 CIS 太陽電池特有の光照射効果 】

CIS 太陽電池特有の光照射効果

Point 3 影にも強い発電能力

南側に電柱や電線、木があるような場合、見かけ上非常に小さい影であったとしても、太陽光発電パネルの一部に影ができてしまうと、結晶シリコン系太陽電池では、モジュール全体の出力が絶たれてしまう という欠点がありました。

結晶シリコン系太陽電池モジュール

しかし、CIS 太陽電池の場合、影の面積分だけしか出力が減らないため、全体への影響は少なくなります。その素子特性により、安定した発電能力を発揮できるのが、CIS 太陽電池の最大の強みです。

CIS太陽電池モジュール

モジュール 20年保証!! 周辺機器 10年保証!!

国内メーカー最長 20年保証 太陽電池モジュール 20年保証

『長くしっかり稼ぎ続けるために、安心の 20年保証でサポート』

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは、太陽電池モジュールのお引渡日(系統連系日)から 20年間の出力保証。さらに、ソーラーフロンティア株式会社所定の住宅用太陽光発電システム機器としてセットでお買い求めの場合、 周辺機器も保証期間を 10年間に延長。長く安心してお使いいただけます。

さらに 4年に1度のアフターメンテナンスで、設置後のフォローも万全

太陽光発電システムの設置後、お客様ご自身による特別なお手入れの必要はほとんどありません。ただし、長期間にわたって安全・快適にシステムをご利用いただくために、設置完了の1年後と以降4年に1度の点検をおすすめしています。詳しい内容につきましては、当社にお問い合わせください。

高いデザイン性が評価され、2007年グッドデザイン賞受賞

どんな屋根にも似合う、スッキリしたシックなデザイン
2007年グッドデザイン賞 特別賞エコロジーデザイン賞
ソーラーフロンティア CIS 太陽電池モジュール

ソーラーフロンティア
CIS太陽電池モジュール

結晶シリコン系 太陽電池モジュール

結晶シリコン系
太陽電池モジュール

黒色を基調とした落ち着いたデザインが人気!!

CIS 太陽電池は素子が黒色。シックで落ち着いた色調が、どんな屋根にも美しく調和します。その高いデザイン性で、2007年のグッドデザイン賞ではエコロジーデザイン賞に輝きました。
新世代ソーラーパネルは『黒の時代』へ!!

人工衛星つばさで、優れた耐久性能が実証されました

人工衛星つばさ

2002年2月に打ち上げられたミッション実証人工衛星「つばさ」に、ソーラーフロンティア株式会社が開発したCIS太陽電池を実験用に搭載。1年7ヶ月にもおよぶ過酷な宇宙空間での耐久性試験で、劣化が極めて少ないことが実証されました。

他メーカーの太陽光発電もお取り扱いしております。お気軽にご相談ください。
シャープ サンビスタ パナソニック HITシリーズ
築150年のお宅へ 太陽光発電を取り付け!

屋根はお手入れの時期です!

これから太陽光パネルと屋根は
長い年月、共に暮らしをサポートします。
太陽光パネルの耐久性に合わせて
屋根の耐久力も UP させましょう!

「屋根を葺き替え」してから太陽光発電

1. 築150年の家にソーラーフロンティアを設置します。

2. 屋根に痛みがあるので、葺き替えを施していきます。

3. 塗装ではなく、下地の垂木から打ち直しします。

4. 耐水合板で仕上げます。

5. 全面施工します。

6. 耐水性20年のフッ素樹脂加工を施したガルバリューム鋼板を使用。
当社のもっとも得意とする工事です。

7. 太陽光金具取り付け

8. 架台取り付け

9. ソーラーパネル取り付け

10. 仕上げ

11. 設置完了

屋根の塗装後に、太陽光発電を取り付け!

屋根の塗り替えは定期的に!!

屋根は外壁に比べ、紫外線や雨風の影響を
まともに受けるので、定期的に塗り替える
必要があります。太陽光設置前には
屋根の塗装もしておくと安心です。

「屋根の塗装」をしてから太陽光発電

工事中

瓦屋根のお宅へ太陽光発電を取り付け!

瓦屋根も一緒にリフォーム!

雨風や強い日差しから家を守ってくれる
瓦屋根。年月の経過とともに、少しずつ劣化
していきます。太陽光発電の取り付け前に
屋根もリフォームしておきましょう。

「瓦の補修・補強」をしてから太陽光発電

1. 鬼瓦周辺の劣化が目立っています。

2. 鬼瓦周辺の傷んでいる部分を専用モルタルで補強・補修します。

3. 棟の面戸。土が見えてきています。

4. 棟の面戸を専用モルタルで補修します。

5. 下棟イザリを直し、ボンドで補強します。

6. 平瓦。イザリを直し、ボンドで補強します。

7. 太陽光金具の取り付け位置を決めます。

8. 太陽光発電パネルを取り付ける下地を補強します。

9. タルキに補強材を打ち込みます。この補強材へ金具を取り付けます。

10. ソーラーフロンティアの取り付け金具を全体に設置したところ。

11. レールの取り付け

12. ソーラーフロンティアの裏側

13. パネルの取り付け

14. ジョイント部分

15. 太陽光発電の配線処理をしていきます。

16. 瓦屋根への太陽光発電パネル設置完了。

野立て太陽光施工事例

工事中

当社実績によるソーラーフロンティア(SF)による発電量の比較(4kwで換算した場合)

当社実績によるソーラーフロンティア発電量比較

U.M 様 (青木村)

10.4kw / 勾配16°
ソーラーフロンティア設置

生家の固定資産税、維持管理費を太陽光発電で賄えないだろうか? 設置環境として良くないが、どのくらい発電できるだろうか?? と考えていたところ、イトウ住建さんから東西の屋根で、日射量の少ない場所でもソーラーフロンティアのパネルならば、そこそこ発電しているという話を伺いました。早速、その設置場所の発電実績を確認させていただき、また他社パネル実績等も参考にさせていただき、設置に踏み切りました。悪条件下にも関わらずソーラークリニックのシュミレーション値より、1.7% 低いだけであり、当初の目的もクリアーできました。また、投資回収も 6.5年の見込みであり、大変満足できる結果となっています。

I.N 様 (諏訪市)

4.8kw / 勾配11° 南向き
ソーラーフロンティア設置

東日本大震災をきっかけに太陽光発電設備の設置を本格的に考えるようになりました。当初は単結晶シリコン製品が効率面からベストであると考え、様々な製品の中からパナソニックの HIT を選び設置業者の選定に入りました。ところが我が家の屋根の構造では太陽光パネルメーカーの許可を得られないことが分かり、以前、住宅リフォームをお願いしたイトウ住建さんに相談したところ、屋根工事を含めてソーラーフロンティア製品を紹介頂きました。メジャーなシリコン系では無い CIS パネルに当初は懐疑的だったのですが、調べてみると非常に優れた製品であり、また昭和シェル石油が親会社となっていることで長期的な補償に関しても安心できることが分かりました。太陽光発電のように 20年以上使用する製品ですから、製造メーカーや施工業者が長期的に信頼できることが最重要項目であると考え、最終的にソーラーフロンティア製品に決め、施工をお願いしました。設置後、期待以上の発電をしてくれています。屋根は南側を向いてはいるものの勾配が2寸と緩いために太陽が下がってくる冬場の電力の落ち込みを心配していたのですが、その分夏場には効果的に太陽光が得られており全体としては十分な発電ができているものと思います。

K.K 様 (茅野市 / 野立太陽光)

49.5kw / 勾配21° 南向き
ソーラーフロンティア設置

当初は、太陽光発電にはほとんど興味がなかったのですが、ある日友人の家に久々に遊びに行った時のこと、1年ほど前に野立てで 50kw を設置し、発電を開始したとのことでした。環境にやさしいし、月々の収入にもなり、日頃のメンテナンスは草刈りくらいで楽と聞きさっそく私も検討を始めました。そんな時、イトウ住建さんがたまたま自宅のそばで新たに 50kw を設置工事していたため、話をしたところ使用できる土地があればすぐにでも設置可能と聞き、さっそく土地探しを始めました。その後ちょうど使用できる遊休の土地が見つかり、以降はとんとん拍子で事が進み、決断してからわずか 4か月後には発電を開始していました。設置した土地は最適とは言えない場所にありますが、思いのほか発電量は予想より多く、当初あった若干の不安は無用でした。家族を含め“やってよかった”と喜んでいます。