屋根葺き替え

屋根のリフォームは、大きく分けて3つの方法があります。
(一般的な塗装、屋根材仕上げの場合)

塗り替え

概略

  • 既存屋根の表面を再塗装する工法です。

メリット

  • 費用が抑えられる。

デメリット

  • 塗装により既存のデザインが失われる場合がある。
  • 数年後に再塗装・補修等が必要になる場合がある。
  • 屋根下地(野地板)の点検・調整はできない。

工期

約2週間

重ね葺き

概略

  • 既存屋根の上に新しい屋根材を施工する工法です。

メリット

  • 屋根を重ねることによる遮熱生・遮音性の向上が期待できる。

デメリット

  • 屋根の総重量が増加し、建物(躯体)にかかる負荷(重量)が増加する。
  • 屋根下地(野地板)の点検・調整はできない。

工期

約1〜1.5週間

葺き替え

概略

  • 既存屋根を撤去し、新しい屋根材を施工する工法です。

メリット

  • 軽量な屋根材を選べば、建物(躯体)にかかる負荷(重量)を軽減できる。
  • お好みの色・デザインの屋根材が選べる。
  • 屋根下地(野地板)の点検・調整ができる。

デメリット

  • 廃材が多く発生する。

工期

約1〜1.5週間

  • カラーベスト・コロニアルの方
  • トタンで30年以上経過の方
  • 傷みのひどい方
  • 塗料が剥がれてきた方
  • 耐震が気になる方
  • 瓦が傷んでいる方

ポイント

年代アスベストの含有率
1975年以前20%~25%
1976年~1996年10%~15%
1997年~2001年*0%への移行期間
2002年以降0% 安心

* この年代の商品は粗悪品が多く、塗装でのお手入れはおすすめできません。

屋根材の種類と特徴 (30坪2階建て住宅の場合)

屋根材寿命意匠性重量価格特徴
和瓦最大40年4〜6トン120〜150万円重量感があり、寿命が長く耐久性の高いが重いのがネック
スレート10〜15年2〜2.5トン90〜100万円都会的なデザインで人気だが、メンテナンスが必要
シングル10〜15年1〜1.5トン80〜90万円軽量で安価だが、通気性に乏しく、換気対策が必要
金属屋根10〜15年0.7〜1トン70〜80万円軽量な上にデザイン性も年々向上しているが、劣化が早いのがネック

重ね葺き

横暖ルーフは石綿ストレート板のリフォームに最適‼︎

解体・除去が不要‼︎石綿ストレート板のリフォームに最適な横暖ルーフ

既存の屋根を横暖ルーフで囲い込む、カバー工法を採用。
屋根面の解体・除去作業が必要なく、施工も迅速に。
住みながらのリフォームが可能でムダな費用も発生しません。

1

普段どおりの生活が可能

解体作業を行わず、既存屋根をそのまま囲い込むので工期を大幅に短縮。施行しながら普段と変わらず生活できます。

2

抜群の施工性で工期を短縮

標準3,030ミリの長尺サイズに加え、独自の横つなぎ形状と約40種類もの部材で圧倒的な施工速度を実現します。

3

廃材を大幅に削減

既存の屋根に覆い被せる施工方法のため、従来のリフォームで発生する解体・除去作業時の廃材が出ません。

※ 建物の状態によってはカバー工法が使えない場合もございます。

カバー工法断面図

カバー工法断面図

石綿スレートを解体・除去せずそのままシールドする、横暖ルーフのリフォーム。工事中でも石綿粉じんを囲い込み、「石綿障害予防規則」にも該当しません。

施工の流れ

先付け部品の取り付け

1. 先付け部品の取り付け

ルーフィング・下地の取り付け

2. ルーフィング・下地の取り付け

本体の取り付け

3. 本体の取り付け

後付け部品の取り付け・シーリング

4. 後付け部品の取り付け・シーリング

清掃・完成

5. 清掃・完成

横暖ルーフとは…

ガルバリウム鋼板と芯材、裏面材を一体成型した、高性能な屋根材です。
軽量であるという金属屋根の特長はそのままに、抜群の耐久性や断熱性、遮音性能を発揮します。
バリエーションに富んだ豊富な商品ラインナップで、新築からリフォームまで幅広く対応いたします。

横暖ルーフ(断面構造物)

だから、「軽量」・「快適」・「長寿命」

横暖ルーフ プレミアム

抜群の耐久性能に
遮熱効果をプラス
横暖ルーフの最上位モデル

横暖ルーフ プレミアム

横暖ルーフ ハイブリッド

待望のギングロ色!!
特殊塗膜+遮熱機能の
高機能モデル

横暖ルーフ ハイブリッド

横暖ルーフ きわみ

特殊塗膜+遮熱機能の
高機能モデル
 

横暖ルーフ きわみ

横暖ルーフ DXきわみ

ダイナミックさを強調した
高機能・高意匠モデル
 

横暖ルーフ DXきわみ

横暖ルーフ テラコッタ

南欧風の自然な色合い
高耐久・高意匠モデル

横暖ルーフ テラコッタ

横暖ルーフ ちぢみ

深い輝きが魅力の
高意匠モデル

横暖ルーフ ちぢみ

横暖ルーフ ハイルーフ

フッ素塗装鋼板を使用した
縦葺きタイプ

横暖ルーフ ハイルーフ

掲載マークのご説明

変色・褪色20年保証対応

[概要]
塗膜変褪色20年保証
対応商品です。
(申請手続きが必要です)

塗膜20年保証対応

[概要]
塗膜20年保証
対応商品です。
(申請手続きが必要です)

塗膜10年保証対応

[概要]
塗膜10年保証
対応商品です。
(申請手続きが必要です)

赤錆10年保証対応

[概要]
赤錆10年保証
対応商品です。
(申請手続きが必要です)

葺き替え

屋根で減震 - 屋根を軽くする

屋根を軽くすると、地震時の建物の揺れを抑えられます。

屋根が軽い=建物が軽い→建物への負荷が小さい

重い屋根

軽い屋根

負荷が大きい

負荷が小さい

地面の揺れ

屋根が軽い=建物が軽い
→建物への負荷が小さい

屋根が軽い=重心が低い→建物の揺れが小さい

重い屋根

軽い屋根

揺れが大きい

揺れが小さい

重心

重心

地面の揺れ

屋根が軽い=重心が低い
→建物の揺れが小さい

屋根は軽いほど地震時の建物の揺れを軽減できます。
屋根の軽量化は一つの耐震対策と言えます。

屋根を軽く、揺れを小さく。

屋根で減震

軽いケイミュー屋根材への
葺き替えがオススメ

瓦屋根から横暖ルーフにすることで、30%耐震UPすることができます。
壁の耐震補強と合わせてご検討ください。

屋根材別重量比較 屋根面積100m2(約30坪)を想定

屋根材別重量比較1
屋根材別重量比較2
施工工程 工事中